ホームあおもりインフォメーション青森県のゴチソウ!(トピックス)こんなトコにこんなゴチソウ! > 青森県民はスィーツ好き?
あおもりポテンシャルビュー
ここから本文です

青森県民はスィーツ好き?

 スィーツといってもケーキとかそんな洒落たものじゃなく、まずは「赤飯」。青森の赤飯は甘いんです。昔、稲刈りや祭り、お盆時期にたくさん集まった時、高価だった「砂糖」でおもてなしの味を表現したことが、その由来だとの説があります。はじめて青森の赤飯を食べた人は、その味に驚きますが、それは甘くない赤飯と比較するからで、別の食べ物だと思うと美味しいという声をききます。逆に、青森県民は、甘くない赤飯に、味が無いと驚きます。
 某コンビニエンスストアでは、青森限定で、甘い赤飯のおにぎりを販売し、売り上げを伸ばしたとか。このおにぎりには「甘い赤飯 温めておいしい」とステッカーが貼られていますが、このおにぎりに限らず、青森のコンビニエンスストアでおにぎりを買うと、「温めますか?」と聞かれます。驚かないでください。
 また、南部地方の郷土料理に「こびりっこ」という、南部せんべいに赤飯をはさんだものがあります。南部地方の農家の人たちが、農作業の合間におやつとして食べていた郷土料理で、「こびりっこ」の語源は、「小昼っこ」からきているそうです。地域の郷土料理として学校給食でも出されています。

南部地方の給食献立(こびりっこを紹介)

 この「こびりっこ」に使う南部せんべいですが、薄焼きせんべいを使います。ところで、B-1グランプリで有名になった「せんべい汁」のせんべいも、「おつゆせんべい」「かやきせんべい」と呼ばれ汁もの専用のせんべいを使うことはご存じですよね?


 次の甘いものは、「いなり寿司」です。

いなり寿司

しかも、津軽地方の「いなり寿司」は、油揚げの中にピンク色の甘いご飯が。「紅ショウガ」が入っており、お米がピンク色になります。


 最後の甘いものは、「茶わん蒸し」です。県外の人にはかなり違和感があるようです。しかも、茶わん蒸しの具には、必ず栗の甘露煮が入っています(銀杏なんか入ってません!)。青森の茶わん蒸しは具だくさんで、鶏肉、しいたけ、みつば、ナルト等のかまぼこ類、さらに、糸こんや板麩を入れたりするところもありますが、「栗の甘露煮」は必須です。出汁卵には、栗の甘露煮のシロップまで投入します。なおかつ「固め」。スプーンいらずの甘い茶わん蒸しです。県外の人は、この茶わん蒸しが苦手な人も多いようですが、マロンプリンだと思えばいいという意見もあるようです。

もどる
ホーム ポテンシャルビューって?
あおもりインフォメ-ションを見る 統計データを見る
お知らせ
Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.

青森県内の魅力をお届け!

Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.