ホームあおもりインフォメーション青森県はこんなトコ!気象 > 気候の概況
あおもりポテンシャルビュー
ここから本文です

気候の概況

 気候学的には、冷温帯に属し、四季の変化が明瞭で、およそ3カ月ごとに移り変わります。八甲田山系を境にして、西側の日本海側気候区と東側の太平洋側気候区に分けられますが、津軽海峡に面した下北半島・津軽半島北部は、低温と強風を特徴とした独立の気候区を形成しています。寒冷で雨が少なく雪が多い北海道と、温暖で雨が多く雪が少ない関東以西の気候の遷移領域にあります。
 中央部の八甲田山系のほか、海洋の影響も大きく、北上する対馬暖流は、冬にシベリアからの季節風を暖めて寒さをゆるめる反面、大気中に水蒸気を与えて、本県の降雪量が多い一因となっています。太平洋側の三陸沖では、北海道東部沖から冷たい親潮が南下しており、ヤマセの気団変質や海霧の発生の要因となっています。
青森県の気候の概況

もどる
ホーム ポテンシャルビューって?
あおもりインフォメ-ションを見る 統計データを見る
お知らせ
Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.

青森県内の魅力をお届け!

Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.