ホームあおもりインフォメーション青森県はこんなトコ!産業農業 > 農業の概要
あおもりポテンシャルビュー
ここから本文です

農業の概要

 青森県における2012年(平成24年)の農業産出額は2,759億円となっています。その内訳を見ると、米の産出額は617億円、野菜は576億円、りんごは653億円、畜産物は760億円と様々な品目がバランスよく生産されています。
 農業は、気象等の自然条件に左右される産業です。
 青森県の気象は、本州最北端部にあるため短い夏と長い冬が特色ですが、地形的な複雑さや海流の影響で地域によって気象に大きな差が見られます。暖候期(4月~10月)は、津軽南部は温暖ですが、津軽北部や下北及び三八上北地方では、春から夏にかけて吹く冷湿な偏東風(やませ)のため低温の日が現われ易く、しばしば冷害に見舞われてきました。
 寒候期(11月~3月)は、三八地方は雪が少なく晴れる日が多いのですが、津軽、下北、上北地方は季節風を強く受け、雪の日が多く、12月から3月まで雪に覆われます。山間部を除くと五所川原市から青森市、野辺地町にかけての地域が県内では多雪地帯に属します。
 このような、土地や自然条件の違いから、青森県内でも、地域によって、部門や作物が異なっています。春~秋の気候が、比較的、穏やかで、肥沃な津軽平野では、稲作が盛んで、りんごの栽培も津軽地域で盛んです。一方、春から夏にかけて吹く冷湿な偏東風(やませ)の影響を受ける県南地域では、畜産や畑作物の生産が中心でしたが、灌漑施設の設置や稲の品種改良等の努力もあって、稲作の生産規模も大きくなっています。産業大分類別就業者の割合

もどる
ホーム ポテンシャルビューって?
あおもりインフォメ-ションを見る 統計データを見る
お知らせ
Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.

青森県内の魅力をお届け!

Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.