ホームあおもりインフォメーション青森県はこんなトコ!産業製造業 > 青森県の開発計画
あおもりポテンシャルビュー
ここから本文です

青森県の開発計画

 戦後復興期に、政府は経済復興計画を進めましたが、そのさなかの1950年(昭和25年)に国土総合開発法が成立し、地方の開発計画が本格的に進展することになりました。この地方開発政策は高度経済成長期にも引き継がれました。1960年(昭和35年)には池田首相のもとで国民所得倍増計画が作られたましが、これと呼応して1962年(昭和37年)に全国総合開発計画が作られました。国民所得倍増計画が京浜・中京・阪神・北九州の四大工業地帯を工業化の中核としたのに対して、地域格差の解消を目指す政策の実施が求められ、国土総合開発法が立法されたのです。こうした国政の動向と合わせて、青森県でも戦後復興期以来、開発計画が立案され実施されてきました。
 国の計画も、1969年(昭和44年)に新全国総合開発計画、1977年(昭和52年)に第三次全国総合開発計画が立案されるなど、繰り返し練り直されて進展しました。これらの計画は立案時点の必要性に基づくものであり、その目標は変化しました。こうした開発計画の実施は青森県の経済発展をもたらしてきましたが、すべての計画が順調に進んだわけではなく、挫折もありました。
 青森県では1957年(昭和32年)に、十和田・岩木川地域と北奥羽地域が総理大臣指定の特定地域として指定を受けました。また、国の施策と並行して東北七県を対象とする東北開発促進計画が進められましたが、青森県もこの計画に乗り、各種開発計画を計画し、実施してきました。とくに東北開発促進計画の予算額は十和田-岩木川特定地域や北奧羽特定地域の開発予算をはるかに上回り、事業の進捧に対する期待が大きいものでした。
 1972年(昭和47年)に作成された青森県新長期計画(第2次県長期経済計画)は1968年(昭和43年)を基準として1985年(昭和60年)の青森県経済を展望し、成長を促すという計画です。この計画は国の新全国総合開発計画の成立を前提とし、そこで掲げられた大規模工業基地の建設、高速交通体系の整備、総合農政の展開という政策を受けて、国と県と一体となって開発を進めるという内容になっていましたが、ここで、むつ小川原開発が提起されています。むつ小川原開発は、苫小牧東部、秋田湾、志布志湾、西瀬戸の各地域と並んで、全国で五つ選定された大規模工業基地建設地域の一つでした。

全国総合開発計画 全国総合開発計画
<地域の均衡ある発展>
新全国総合開発計画
<豊かな環境の創造>
第三次全国総合開発計画
<人間居住の総合的環境の整備>
県計画
(計画期間)
第1次長期経済計画
(1961年度~1970年度
(昭和36年度~昭和45年度))
第2次長期経済計画
(1968年度~1975年度
(昭和43年度~昭和50年度))
新長期計画
(1971年度~1985年度
(昭和46年~昭和60年度))
第4次長期総合計画
(1976年度~1985年度
(昭和51年度~昭和60年度))
背景
  • ・日本経済の高度成長
  • ・既成4大工業地帯への過度集中による生産基盤の隘路の増大と都市生活環境の悪化
  • ・日本経済の二重構造ないし所得格差の顕在化
  • ・労働力不足の深刻化
  • ・交通部門の変革・情報収集、処理伝達機構の変革
  • ・技術開発の進展・国際貿易の伸展
  • ・住民意識の変化
  • ・むつ小川原大規模工業開発の具体化
  • ・東北縦貫自動車道の供用、東北新幹線等による高速交通時代への対応
  • ・米生産調整に伴う総合農政の展開
  • ・地域格差の存在
  • ・県外への出稼ぎ
  • ・若年層の流出
  • ・高度成長から低成長への移行
基本的目標 所得格差の是定 能率のよい住み良い地域社会 豊かで住み良い地域社会の実現県民の福祉水準の飛躍的向上 豊かで住みよい活力のある地域社会の建設
施策の推進方向・
めざすべき社会像
  • 1) 農林水産業の近代化
  • 2) 鉱工業の発展
  • 3) 産業基盤の整備
  • 4) 国土の保全
  • 5) 労働力の質的向上と教育の振興
  • 6) 社会保障の充実
  • 1) 生産性の向上と組織化の推進
  • 2) 産業基盤の整備
  • 3) 都市開発と農村社会開発の推進
  • 4) 産業近代化のための新しい担い手の養成
  • 5) 雪の克服のための創意工夫
  • 1) 新しい交通体系とその対応
  • 2) 県民を豊かにする産業開発
  • 3) 住みよい地域社会をめざす環境の対応保全と整備
  • 4) 国土の保全及び水資源の開発
  • 1) 活力と豊かさを支える産業の発展
  • 2) 安心した生活快適な生活環境の確保
  • 3) 県土の発展を支える基礎条件の整備
  • 4) 人間性豊かな人づくりと地域の発展
  • 5) コミュニティの形成
青森県に関連する
出来事
  • 八戸地区新産業都市指定(昭和39年)
  • 青森空港開港(昭和39年)
  • むつ小川原開発計画決定(昭和44年)
  • フジ製糖青森工場閉鎖(昭和42年)
  • 原子力船むつ母港化(昭和42年)
  • 東北本線複線・電化(昭和43年)
  • 十勝沖地震(昭和43年)
原子力船むつ強行出航(昭和49年)
  • 石油国家備蓄基地建設決定(昭和54年)
  • 県人口150万人を超える(昭和53年)
  • 東北新幹線盛岡・大宮間開業(昭和57年)
  • 核燃サイクル基地六ヶ所村立地決定(昭和60年)
もどる
ホーム ポテンシャルビューって?
あおもりインフォメ-ションを見る 統計データを見る
お知らせ
Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.

青森県内の魅力をお届け!

Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.