ホームあおもりインフォメーション青森県はこんなトコ!産業 > 水産業
あおもりポテンシャルビュー
ここから本文です

水産業

 明治期の漁業は、地引綱、敷網、初歩的定置網、角網といった、いわば待ちの漁業で、進歩はあるものの近代漁業には未だ達していませんでした。明治開化後、政府は様々な漁業改革、勧業政策を打ち出していました。また、水産試験場を各地に設置し漁獲方法や漁船の改良を積極的に進めたり、缶詰製造等加工面の技術導入をはかりました。
 こうした明治政府の政策展開と相まって、本県漁業界の果敢な挑戦により目覚ましい発展のスタートを切ることになりました。それは漁船の大型化に顕著にみられます。1897年(明治30年)に官立水産講習所(後の東京水産大学)が開校され、青森県庁、本県水産界は講習所へ講師派遣依頼をして各地で講習会を開催したり、技術者招聘による実技指導、講習生派遣などをはかり、本県漁業界のレベル向上を積極的に行いました。それらが次第に効果を表し、1891年(明治24年)当時本県の水産物販売高は41県中28番目であったものが、1915年(大正4年)には19位、1928年(昭和3年)には15位と着実に力を増しています。
 第二次世界大戦以後、青森県漁業は以前の漁業から大きく転換しました。それは制度面で顕著であるが、漁業の内容自体も変化しました。青森県全体で漁獲量が最大の魚種は、戦前はイワシでしたが、戦後はイカになりました。またサバの漁獲も多くなりました。青森県漁業はイワシが中心の漁業からイカ・サバ中心の漁業に転換しました。青森県は三方を海に囲まれており、地域差も大きいので、伝統的な魚種や漁法がなくなったわけではなく、ホタテガイ養殖など、新たに伸びた漁業もあったが、漁獲量最大の魚種が変化したことは青森県漁業の転換を象徴的に示しています。
 青森県漁業の転換の兆しは戦後初頭から現れていましたが、高度経済成長期には一層拡大し、定着しました。その一因は資源状態の変化ですが、それのみではなく、自動イカ釣り技術の開発などの技術革新や、イカ資源を追っての漁場の拡大などの変化によるものです。こうした変化は、高度成長期の漁業が沿岸から沖合へ、沖合から遠洋へというスローガンのもとでの漁業発展の帰結であった。このような漁業の拡大は高度経済成長の終焉とほぼ同時期に変化することになります。その理由は200海里体制の登場です。アメリカ、ソビエト連邦を先頭に進められた200海里体制は、自国の漁業資源を確保し、他国の利用を制限するものであり、遠洋漁業の展開を進めていた日本にとっては大きな制約条件となりました。青森県漁業もその影響を受け、遠洋漁業の縮小へと向かいます。こうした海洋における資源ナショナリズムの高まりは遠洋漁業に影響を与え、他国の漁業水域からの撒退が迫られました。その結果、沿岸漁業重視に戻らざるをえなくなっており、縮小する遠洋漁業への対策も求められています。

魚介類

<水産業>

 青森県は、日本海、津軽海峡および太平洋と三面を海に囲まれ、中央には大型の内湾である陸奥(むつ)湾をかかえています。海岸線は約797キロメートルあり、これは青森と東京間よりも長い距離となっています。
 青森県のまわりでは、日本海を対馬暖流が北上し、その一部は津軽海峡に入って津軽暖流となり、太平洋を南下しています。太平洋の沖合では、この津軽暖流と北からの親潮(寒流)、南の黒潮からの流れがぶつかりあっています。暖流と寒流がまじりあった海には魚の餌となるプランクトンがたくさん発生し、多くの魚が集まってきて豊かな漁場がつくられます。
 暖流にのって北上してくる魚にはスルメイカ、マグロ、ブリ、マサバなどがあり、寒流にのって南下してくる魚にはサケ、マダラ、ホッケなどがあります。また、周囲を陸で囲まれ、大きなシケが少ない陸奥湾では、ホタテガイの養殖がさかんで、全国有数のホタテガイの生産地となっています。

<イカ>

 戦後、数ある漁業の中で、最大の変貌を遂げたのは、イカ釣漁業だと言われています。漁法、漁船、漁場、経営形態すべての面で革新的な変化を遂げ、もっとも資本投下の少ない漁業からもっとも多い漁業へ変貌しました。
 変貌の第一段階は昭和20年代後半に入ってからで、直接的な要因は釣り具の改良でした。昭和28年、八戸市の浅利研究所が考案した「浅利式連結器トンボ」というイカ釣漁具があらわれ、一度に何匹もつり上げられる「スズラン釣り」が全国に広がりました。昭和30年代には手動回転式のイカ釣機の登場により労力の軽減が図られ、昭和48年のオイルショック以降は、集魚灯も白熱灯から水銀灯、ハロゲン灯などに切り替わりました。船も漁場の遠隔化に伴い、鋼鉄船となり、100トンから船内凍結設備をもった300トン級の遠洋漁船まで出現しました。
昭和50年代からは、スルメイカ資源の衰退、輸入イカの増加による魚価安などの影響で苦しい経営状況となりましたが、現在では、資源管理指針に沿って、自主的な資源管理措置が取られるようになっており、青森県近海でのスルメイカ漁獲量は、年変動はあるものの4万~8万トンで推移しています。

<ホタテガイ増養殖>

 戦後から陸奥湾のホタテガイ漁業は大きく変わり、積極的に増やして採ろうという考えから、増殖事業が活発に行われるようになりました。昭和30年代までに栽培漁業技術に見通しを得るまでに至りましたが、採苗事業が不安定なためホタテガイ漁業としてはまだ、生産が安定せず、低迷していました。昭和40年代には天然採苗に大きな技術革新があり、生産が急激に上昇しました。これに伴い、計画的な放流が可能となり、安定生産ができるようになりました。現在でも北海道(生産量第1位)と青森県(生産量第2位)で日本のホタテガイ生産を支えています。

もどる
ホーム ポテンシャルビューって?
あおもりインフォメ-ションを見る 統計データを見る
お知らせ
Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.

青森県内の魅力をお届け!

Copyright(c) 2015 Aomori Prefectural Government All Rights Reserved.